*

ミック・ジャガー、フェイスブックで「永遠に彼女を忘れない」

公開日: : 最終更新日:2014/05/26 今日のニュース、事件

Pocket




悲嘆にくれるミック・ジャガー(70歳)が3月17日に自宅マンションで首を吊って自殺した恋人、ローレン・スコットさんへ敬意を示すとともに自分が未だに彼女の死を受け入れられない状況をフェイスブックで打ち明けました。

ミックはあらためて彼女との破局を否定し、最愛の恋人を失った深い悲しみについて語りました。

「恋人であり親友であった彼女がこんな形で自らの命を絶ったのか、まだどうしても理解できない。」

「たくさんの素晴らしい時間を一緒に過ごし、楽しい人生を送っていたのに」

 

「彼女の存在感とたぐいまれなる才能は僕だけでなく周囲から認められていたはずだ。」

と、スコットさんのビジネスキャリアについても褒めたたえるコメントをしました。しかし、彼女の事業は6億円の負債をかかえていました。

また、ナオミ・キャンベルや二コール・キッドマンといったファッション業界のスター達から届いた弔辞に感謝のメッセージを贈り、最後にこう締めくくりました。

「永遠に彼女を忘れない。」

 

ミックの娘でモデルのジョージア(22歳)はオーストラリアのメリルボーンで参加するはずだったファッションパレードを急遽とり辞めてニューヨークにもどりました。

友人達は、自殺する前の週からローレンさんが電話に出ないなど様子がおかしかったと話します。また、自傷行為や鬱症状と戦っていた事も明らかにしました。

 

ミック・ジャガーはオーストラリアのパースにあるレストランで食事中に彼女の死を知らされました。これによりローリングストーンズはオーストラリアとニュージーランドで予定されていた14 On Fire Tourを延期する事になりました。

バンドメンバー達は現在の状況へのフォロワーの理解に対する感謝を述べ、ギグの日程を改めて決める約束しました。

これに対しファンの反応はメンバーに肯定的で

「ギグの延期はファンにとってとても残念だけど、ストーンズがツアーを延期した事は評価できるわ。だって彼らは正しい事をしただけだもの。」

 

 

ミック・ジャガーの成功哲学 セックス、ビジネス&ロックンロール (P‐Vine Books)



サイトがお役に立ったらボタン押して頂けるとうれしいです♪
<やっぱりロンドンが好き!って思う瞬間は?>
ベビーカーやスーツケースの人に誰かが手を貸しているのを見る時
さりげないレディーファースト(電車やバスに乗る時とか)
ぶつかってにお互いにsorryって微笑み合う時
❤WE LOVE LONDON❤

関連記事

ロンドン地下鉄ストライキ情報!2/4(火)~2/7(金)、2/11(火)~2/14(金)←【回避されました】

【ストライキの詳細】 RMTと TSSAユニオンは2月4日(火)午後9:30~7日(金)と2月11

記事を読む

ディズニーランド・パリのCMが面白いのでシェア

Bad Boys at Disneyland Paris/バッドボーイズのディズニーランド・パリ

記事を読む

2/11(火)~2/14(金)のストライキ

2/4(火)~2/7(金)に続いてRMTと TSSAユニオンは再び2014年2月11日(火)~14日

記事を読む

ロンドン動物園のワオキツネザル達の間で自撮りがブーム中!

 ロンドン動物園のワオキツネザル達の間で自撮りがブーム中! 3月3日に発表されたアカデミー賞。

記事を読む

キリンが余命1週間の動物園職員に最後のキス

キリンが余命1週間の動物園職員に最後のキス 末期癌をわずらい余命1週間と宣告された男性。自分の命が

記事を読む

ヒュー・グラントに3人目の隠し子

映画「モーリス」でヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞後「ノッティングヒルの恋人」、「ブリジット・ジ

記事を読む

フランスで産まれた時から車のトランクで育てられた赤ちゃんが見つかる

【フランスで産まれた時から車のトランクで育てられた赤ちゃんが見つかる】 スカイニュースより

記事を読む

ショックのイタリア修道女 男の子を出産 

【ショックのイタリア修道女 男の子を出産】 Shocked Italian Nun Gives

記事を読む

ローリングストーンズ、ミックの恋人の自殺で公演をキャンセル

先日8年ぶりの来日公演を終えたローリングストーンズのミックジャガー(70歳)にショッキングな事件がお

記事を読む

監視カメラに写ったのは処刑された伯爵?幽霊の動画

誰もいない深夜のパブに映る人影のような物 床にはグラスの破片が散らばり、誰もいない店内で影のように

記事を読む

  • 作者:Fluffy(フラッフィ)
    海外歴20年 ロンドン→フランス
    →カナダ→再びロンドンで活動中。
    初めての人にも分かり易いサイトを
    目指していきます。


PAGE TOP ↑