*

ロンドンバスに乗る時に注意すべき事

公開日: : 最終更新日:2014/07/22 バス





【ロンドンバスに乗る時に注意すべき事】

ロンドン市内はバスが縦横無尽に走っています。方針としてすべての家庭から15分以内に行けるバス停が1つなければならないそうです。地下鉄とは違って外の風景を眺めながら移動できるので観光地の移動にも向いていますね。今回はバスに乗る時に注意したい事を書いてみました。

 (トリップアドバイザー提供)

【ダブルデッカー シングルデッカー】

ロンドンのバスは二階建ての赤いバス、double decker (ダブルデッカー)が有名ですね。その他に一階建てのsingle decker(シングルデッカー)も走っています。以前は2両編成のbendy busも走っていましたが、運転手から見えない後ろの車両から乗って料金を払わない乗客が多かったため廃止となりました。

 

 bendybus2

廃止されたベンディバス photo by _sarchi

【乗りたいバスがきたら手を出して合図する】

ロンドンには2種類のバス停があります。乗る意思を示さないとバスが停まらないリクエストストップとバスが必ず停まる普通のバスストップです。バス停の上の方を見ると書いてあります。ですが、リクエストストップではなくても、乗りたいバスが来たら取り合えず合図する事をおススメしておきます。なぜならばいいかげんなドライバーだと停まらずに通過してしまう場合があるからです。

こちらでは手を揚げるのではなくて前に出して合図をするのが一般的です。

 

 

【前から乗って真ん中から降りる】

ロンドンバスは基本的に前の扉から乗って真ん中のドアから降りますそれを知らずに真ん中のドアから乗ってしまった観光客がドライバーに怒られているのを何度か目撃していますので気をつけてください。(稀に扉が前に1つだけのバスもあります。)

 

ニュールートマスターと呼ばれる新型バスは扉が3つと階段が2つあって前と後ろの扉から乗り降りする事ができます。→詳しくは最新のダブルデッカー、 ニュールートマスターで車掌さんが復活!でどうぞ

ただし、ベビーカーや車椅子は真ん中のドアから乗り降りする事が認められています。もちろん、乗ってからドライバーの所に行ってちゃんと料金を払わなければいけません。

料金を現金で払う場合は発券機から切符を出してくれるので必ず取ります。 切符を持っていないと抜き打ちの検札があったときに罰金をとられてしまいます。(稀に運転手さんがおつりを持っていない場合に乗車拒否される事もあります。) 2014年7月から現金で払えなくなりました!

オイスターカードは黄色くて丸い読み取り機にあてると、ピーッと音がして料金が払われます。ピーッピーッと音がした場合は接触が悪い、もしくはカードの残高が不足しているので駅やオイスターカードを扱っているお店でトップアップしてこなければいけません。

バスを降りる時はカードは読み取り機にあてる(タッチアウト)必要はありません。そのまま降りるだけです。

磁気のついていない紙のワンデイトラベルカード、7日乗車券は乗る時に運転手さんに見せるだけです。

 

【インスペクターの抜き打ち検札】

 

ちょっと怖い 不正乗車防止の警告 

不正乗車を取り締まる為にInspector(検札官)が抜き打ちで調べる為にバスに乗り込んできます。オイスターカードや紙のトラベルカード、現金で払った時は切符を見せます。インスペクターには制服を着た人とUndercover inspectors(私服検札官)がいます。TFL(ロンドン交通局)は現在500人のインスペクターを使ってロンドン中を取り締まっています。上の画像の意味がわかるでしょうか。

 

「SPOTTING A TICKET INSPECTOR IS EASY. THEY LOOK JUST LIKE YOU.」


「インスペクターを見つけるのは簡単ですよ。皆さんとまったく同じに見えますから」私服のインスペクターはどこでも見張ってるからちゃんと料金を払いなさいという意味です。ちょっと怖いですね。
インスペクターに見つかった場合は高い罰金を取られて嫌な思いをする事になりますので、ちゃんとvalid ticket(有効な切符)を持って乗る事をおススメします。

 

【ベビーカーは2台まで】

ベビーカーは1台のバスに2台までしか乗せる事ができません。すでに2台乗っている時は次のバスを待たなければいけません。また、車椅子の人が乗る場合はそちらを優先するのが礼儀です。

ベビーカーBuggy(バギー)またはpushchair(プッシュチェアー)と呼ばれます。

 

【10才まで無料】

バス、地下鉄は10才まで無料で乗ることができます。バスに乗る時、特にドライバーに断らなくても子供はそのまま乗り込んで大丈夫です。

 

【2階に立つのはダメ】

ダブルデッカーの2階に立って乗ることはできません。席が空いていない時は1階に下りてこなければいけません。同じく階段の部分に立ったり座ったりする事も禁止されていますのでドライバーから注意のアナウンスをされます。

ドライバーのすぐ横に立つのも禁止されています。サイドミラーが見えなくなってしまうからです。

【STOPボタンを押す】

DSC00731降りたい場所のアナウンスがあったら近くにあるストップと書いてあるボタンを押して真ん中の扉から降ります。停留所の前にすでに他のバスが停まっている時は停留所からかなり離れている所で乗り降ろさせられる事もあるので注意が必要です。

 

フィンチリーロードからゴールダーズグリーンまでバスで行ってみました。

 

【降りたいのに!】

バスが混んでいたり2階に乗っている時など、降りようとしているのにせっかちなドライバーがドアを閉めてしまう事があります。そんな時はSTOPボタンを何度も押して「Open the door please! 」と言いましょう。ドライバーに聞こえなくても他の乗客がドアを開ける様に言ってくれる事もあります。

 

【階段には注意】

バスの階段を上り降りする時は手すりをしっかり持ちましょう。特に子供は2階席に行きたがりますが、ドライバーは階段を上がっている途中でもおかまいなしに急ブレーキをかけたりします。階段から転落しないように大人が階段の下方で受け止められるように上り下りするといいと思います。




サイトがお役に立ったらボタン押して頂けるとうれしいです♪
<やっぱりロンドンが好き!って思う瞬間は?>
ベビーカーやスーツケースの人に誰かが手を貸しているのを見る時
さりげないレディーファースト(電車やバスに乗る時とか)
ぶつかってにお互いにsorryって微笑み合う時
❤WE LOVE LONDON❤

関連記事

Night Bus(ナイトバス)とBus Pass(バス定期)について

【Bus Pass/バス定期とは】バスパスとはバスだけに使える定期券の事です。バスにはゾ

記事を読む

バス料金は現金で払えなくなりました。オイスターカードのチャージを忘れずに!

【バス料金は現金で払えなくなりました。オイスターカードのチャージを忘れずに!】 バスに乗る時オ

記事を読む

最新のダブルデッカー、 ニュールートマスターで車掌さんが復活!

【古き良き時代のルートマスターの復活New Routemaster bus(ニュールートマスター)】

記事を読む

  • 作者:Fluffy(フラッフィ)
    海外歴20年 ロンドン→フランス
    →カナダ→再びロンドンで活動中。
    初めての人にも分かり易いサイトを
    目指していきます。


PAGE TOP ↑