*

【Timeout厳選】Top50に入った 気になるフレンチ、モダンブリティッシュ料理

公開日: : 最終更新日:2014/12/30 レストラン カフェ





ロンドンの最新情報満載のタイムアウト誌が厳選したロンドンのレストランTop50から気になるフランス料理、ブリティッシュレストランをピックアップしました。

【British(ブリティッシュ料理)】

(トリップアドバイザー提供)

以前のイギリス料理の定番といえばローストビーフ、フィッシュアンドチップスなどでしたが、近年のロンドンでは斬新なアレンジと美しさにこだわる美食系英国料理、モダンブリティッシュが主流になりつつあります。

 Hawksmoor Seven Dials (ホークスムーア・セブン・ディアルス)

お値段★★★ 駅Covent Garden 住所 11 Langley Street, WC2H 9JJ

2011年のベストニューレストランに選ばれました。食前酒とワイン、蟹やロブスターのスターターとメインのサーロインステーキ、デザートなどを頼むと100ポンド近くになりますが、 express menu(プレシアターメニュー)2コース£22~、3コース£25~はとてもリーズナブルな値段設定です。

 

Hereford Road (ハーフォード・ロード)

お値段★★ 駅 Bayswater 住所  3 Hereford Road London W2 4AB

格安の設定にもかかわらずクオリティの高い料理を提供するレストラン。月~金 12-3pmのランチタイムメニュー:2コース£13、エクスプレスランチ:メインコース, グラスワイン、コーヒー £9.50

メニュー一覧

 

 Hoi Polloi (ホイポローイ)

お値段★★★ 駅 Old Street ,Shoreditch High Street  住所 Ace Hotel 100 Shoreditch High St London E1 6JQ

レトロとコンテンポラリーがミックスしたカジュアルなレストラン。イギリス料理をベースにしたモダンブリティッシュ。ブレックファースト7:00~、週末ブランチ11:00~

メニュー一覧 (PDF)

 

Rochelle Canteen (ロシェル・カンティーン)

お値段★★ 駅 Shoreditch High Street rail 住所 Rochelle School, Arnold Circus London E2 7ES

 

メラニー・アーノルド、マーゴット・ヘンダーソン、ファーガス・ヘンダーソンらがプロデュースした古い学校の自転車置き場を改装したカンティーン。季節感あふれるメニューが日替わりで提供されます。月曜日~金曜日9:00~

メニュー一覧

 

St John (セント・ジョン)

お値段★★★ 駅 Barbican、 Farringdon 住所 26 St John Street London EC1M 4AY

ファーガス・ヘンダーソンとトレバーギルバーが共同経営するレストラン。メザニンのあるダイニングルームは以前燻製工場だった建物の内装を生かして作られています。月曜日~金曜日ランチ12:00~ ディナー6:00~
メニュー一覧 (ランチ前、ディナー前に更新されるのでロゴマーク右下のdownload menuをクリックすると最新メニューを見る事ができます。)

(トリップアドバイザー提供)

【French(フレンチ)】

ロンドンからパリまでユーロスターで2時間少しで行けてしまいます。でもパリに行かなくてもロンドンに美味しいフレンチレストランはたくさんありますよ。

Bar Boulud (バー・ブリュ)

お値段★★★★ 駅 Knightsbridge 住所 Mandarin Oriental Hyde ParK 66 Knightsbridge London SW1X 7LA

毎日ランチ12:00~ ディナー5:00~

ロンドンの超高級エリアであるKnightsbridgeのホテル内にあるNY発フレンチレストラン。中でもビーフパテ、プールドポークとグリーンチリマヨネーズのバーガーやビーフ、ポークのコンフィとモービエーチーズをトッピングしたバーガーなどはUSのトレンドとFranceのエレガンスを組み合わせたすばらしいコラボです。

メニュー一覧

 

The Ledbury (ザ・レドブリー)

お値段★★★★★ 駅 Westbourne Park 住所 127 Ledbury Road London W11 2AQ

火曜日~日曜日ランチ12:00~ 月曜日~土曜日ディナー6:30~ 日曜日ディナー7:00~

ロンドンの忙しい中心街から少し離れた静かなロケーションにあるレストラン。産地にこだわった素材をいかした料理が自慢です。ランチメニュー£30~、ディナーのテイスティングメニュー£175です。

メニュー一覧

 

Little Social (リトル・ソーシャル)

お値段★★★ 駅 Oxford Circus 住所 5 Pollen Street London W1S 1NE

月曜日~土曜日ランチ12:00~ ディナー6:00~ ジェイソン・アサートンの季節の野菜を使った創作料理にはファンが多く、ポーチドエッグを添えたスクウォッシュとパルメザンチーズのスープなどは彼のもっともっとおいしい物をという探求心から産まれた一品です。

メニュー一覧

 

Terroirs (テロワー)

お値段★★ 駅 Charing Cross 住所 5 William IV Street London WC2N 4DW

月曜日~土曜日ランチ12:00~ ディナー5:30~ ground floor(1階)のカジュアルなワインバーではタパススタイルの小皿料理、地下にあるレストランではスターター、メイン、デザートといったフルコースのディナーを楽しむ事ができます。

メニュー一覧

 

 (トリップアドバイザー提供)

【Brasserie(ブラッスリー)】

Brasserieとはフランス語で、カフェとビストロの中間のような庶民的なレストランの事を指しますが、イギリスでは高級志向のカフェといった感じのお店が多く、バックパッカースタイルより少しだけフォーマルな服装が○です。

 

The Wolseley (ザ・ホールスリー)

お値段★★★ 駅Green Park  住所160 Piccadilly, W1J 9EB

クラッシックなヨーロッピアンスタイルのレストラン。月~金は朝7時から、週末は8時から営業しています。ブレックファースト、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーのサービス。クロワッサン、パンオーショコラなどはすべてホームメイド、シーフード、タルタルステーキ、スイススフレなどがおススメです。

メニュー一覧

 

The Delaunay (ザ・ドゥロナ)

お値段★★★★ 駅Covent Garden、Temple  住所55 Aldwych, WC2B 4BB

大理石のフロアーに雰囲気のある革製の椅子、アンティークな装飾が施された店内に心が和みます。月~金7時、土8時、日、9時から営業。ブレックファースト、ブランチ、ランチ、アフタヌーンティー、ディナーのサービスがあります。

 メニュー一覧

 

★最高級 RITZ レストランやジェイミー・オリバーの店ミールクーポン&予約サービス★




サイトがお役に立ったらボタン押して頂けるとうれしいです♪
<やっぱりロンドンが好き!って思う瞬間は?>
ベビーカーやスーツケースの人に誰かが手を貸しているのを見る時
さりげないレディーファースト(電車やバスに乗る時とか)
ぶつかってにお互いにsorryって微笑み合う時
❤WE LOVE LONDON❤

関連記事

レストランスタッフが教えるわかりやすいチップの渡し方

レストランスタッフが教えるわかりやすいチップの渡し方 欧米でも国によって違うチップの考え方 日本

記事を読む

ロンドンのカフェを2倍楽しむ方法

現在知り合いのカフェを手伝っており、フランスでもカフェの経営にかかわっていた経験をもとに、ロンドンの

記事を読む

水はタダでもらえる? 英語力ゼロでもお勘定書きがすぐ来るゼスチャー

まず入り口で Restaurant(レストラン)に入ったら入り口で server(サーヴァー)が案

記事を読む

イングリッシュ・ブレックファストだけじゃない!イギリス朝食バリエーション

イギリスの朝食 イギリスの朝食といえばイングリッシュ・ブレックファスト。イギリス名物として紹介され

記事を読む

初めてでも安心!ロンドン・パブ入門

初めてでも安心!ロンドン・パブ入門 パブ独特の木とビールが混ざったような香り、存在感あるハンドポン

記事を読む

Timeoutが選んだロンドン中心部のベストブレックファスト、ブランチの店

Balthazar(バルタザー) お値段★★★☆ 最寄り駅: Covent Garden 住所:

記事を読む

ロンドンのカレーがおいしいって本当?

意外とレベルが高いロンドンのカレー ロンドンで食べられるおいしい物をいろいろ紹介してきましたが、や

記事を読む

ローストディナーの美味しさ新発見!

名物においしいものはない? ローストビーフ イギリスのローストビーフを食べて「おいしかった!また

記事を読む

レストランスタッフが教えるレストランで役立つ英語

【入り口でハーイ、ハローと挨拶! ...しない日本人多いです】How many are y

記事を読む

【Timeout厳選】話題のアフタヌーンティーのお店

【Timeout厳選】話題のアフタヌーンティーのお店 イギリスに来たらマストなアフタヌーンティー。

記事を読む

  • 作者:Fluffy(フラッフィ)
    海外歴20年 ロンドン→フランス
    →カナダ→再びロンドンで活動中。
    初めての人にも分かり易いサイトを
    目指していきます。


PAGE TOP ↑