*

Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)の秘密

公開日: : 最終更新日:2015/02/22 観光スポット

Pocket




【バッキンガム宮殿とは】

ロンドンの中心に位置するエリザベス女王の公式の住まいでありロイヤルファミリーが諸外国からの賓客を迎えておもてなしする迎賓館の役目も果たしています。

赤い制服と黒い帽子を被った衛兵の交代式を観る為に毎年世界各国から沢山の観光客が訪れる観光スポットとしても有名です。

パレス中央のポールには女王が宮殿に在宅中はBritish Royal Flagが掲げられ、不在の時にはUnion Jackの国旗が揚げられるしきたりがあります。現在バッキンガムパレス内部は夏の間だけ一般公開されています。

 

ブリティッシュロイヤルフラッグ Royal Standardと呼ばれる王室旗

cropped-union-jack.gif

イギリスの国旗ユニオンジャック

【スイートルーム19 来客用寝室52 浴室78 住み込み侍従50人】

バッキンガム宮殿の内部には舞踏会ホール、美術館や図書館がありスイートルーム19、来客用寝室52 浴室78、従業員用寝室188など部屋の総数は775部屋もあります。

パレスは女王の仕事場でもあり様々な執務をここで行っています。

 

【歴史】

ジェームズ1世の時代、この周辺には桑畑が広がり絹を生産する養蚕が営まれていました。最初の住居は1624年にサー・ウイリアム・ブレイクによって建てられたと考えられています。その後幾人かのオーナーを経て1703年に宮殿の名前の由来となっているバッキンガム公が建てたバッキンガムハウスが現在の建物の原型になっています。

1826年、ジョージ4世はそれまでの小規模で私的な屋敷を宮殿に改装する事を決めました。建築家ジョンナッシュに依頼し自身の好みのフレンチ・ネオ・クラシック様式の豪華な宮殿を建設したのですが、費用が当初の3倍に膨れ上がってしまいその結果ジョンナッシュがクビにされてしまうほどでした。

 

完成を見る事なくジョージ4世は亡くなり、弟のウイリアム4世が後を引き継ぎパレスを完成させました。しかしウイリアム4世はバッキンガム宮殿の事をあまり気に入っておらず1834年に国会議事堂が火事によってその大部分を失ったのを口実に宮殿を議事堂にする提案をしました。チャリングクロスとセントジェームズパークも候補に挙がりましたが、結局提案は却下されました。

1837年、ビクトリア女王が即位を機にセントジェームズパークから移り、以後現在までバッキンガム宮殿はイギリス王室のロンドンの公式の住まいとなっています。

 

【ロイヤルウエディングのお披露目が行われた宮殿のバルコニー】

2012年4月29日、キャサリン妃とウイリアム王子がバルコニーでキスをする姿が全世界に放映されましたが、これは結婚式の後バッキンガムパレスでお披露目をする伝統があるためです。ウエストミンスター寺院で式を挙げた後パレードでバッキンガム宮殿に移動しました。

1981年のウエディングで故ダイアナ妃とチャールズ皇太子がキスを交わしているのもバッキンガムパレスのバルコニーです。

5715681336_16d9991d5b_zphoto by  Mauricio Pinto filho

【女王だけではない宮殿に住んでいる人々】

バッキンガム宮殿はエリザベス女王の他にエディンバラ公爵(エリザベス女王の夫)、ヨーク公アンドリュー(チャールズ皇太子の弟、女王の次男)、ウェセックス伯爵夫妻(3男夫婦)とその子供達の住居でもあります。

 

【衛兵の交代式】

ロンドン観光であまりにも有名なChanging the Guard(衛兵の交代式)が見られるのは 5月から7月の間は毎日、その他の期間は隔日、午前11時半から約45分間行われます。

入場料などはかかりませんが、交代式を観る為に大勢の観光客が集まり、背の高い外国人が多いので良い場所を早めに確保するのが賢明です。

(トリップアドバイザー提供)

黒い帽子は熊の皮製

衛兵のシンボルとなっている赤い制服と黒い帽子は高さが18インチ(45.7cm)あり、カナダのブラウンベアーの皮を使っていてその由来通りベアスキンと呼ばれています。

この帽子が使われるようになったのはイギリスが1815年のワーテルローの戦いでナポレオンに勝利してからです。当時フランス軍が背を高くみせて敵を威圧する為に使用していた帽子をイギリス軍が勝利の証として取り入れたのが始りだそうです。

ユニフォームの違い

近衛歩兵連隊は5つの連隊から構成されていて皆チュニックと呼ばれる赤いユニフォームを着ていますが、良く見るとそれぞれの隊の制服の小さな違いを見つける事ができます。ベアスキンの横についている色とチュニックの襟についている紋章の違いでどこに所属しているかがわかります。関連サイト(英語)

観光客はいつも赤い制服と黒い帽子を見られる訳ではありません。8月は違う連隊が女王を警護し、冬は上にグレイのコートを着る事があるからです。

 交代式のスケジュール

2015年 2月:奇数日 午前11時半から行われます。

3月:奇数日 午前11時半から行われます。

2015年 4月から7月末:毎日午前11時半から行われます。

仮のスケジュールですので変更がある事もあります。また、天候によって中止になる事もあるので事前にバッキンガム宮殿のオフィシャルサイトで確認してください。

 衛兵の交代式の動画

【バッキンガム宮殿で働くチャンス!】

もしイギリスで働けるヴィザを持っているならバッキンガム宮殿の求人に応募してみてはどうでしょう。

The British Monarchyのオフィシャルウェブサイトではイギリス王室の求人案内をしています。夏の間一般公開される為、短期の求人が多数あります。ウェブサイトに登録しておくと求人情報をメールで送ってくれるので試してみる価値はありますよ。

 




サイトがお役に立ったらボタン押して頂けるとうれしいです♪
<やっぱりロンドンが好き!って思う瞬間は?>
ベビーカーやスーツケースの人に誰かが手を貸しているのを見る時
さりげないレディーファースト(電車やバスに乗る時とか)
ぶつかってにお互いにsorryって微笑み合う時
❤WE LOVE LONDON❤

関連記事

世界で最も有名なのに最も勘違いされている橋 タワーブリッジ 

 (トリップアドバイザー提供)【1894年に開通した世界でもっとも有名な橋】 タワーブリッ

記事を読む

どうする!? クリスマスのロンドン観光

どうする!? クリスマスのロンドン観光 前回の記事でお知らせした通り、ロンドンのクリスマス時期に交

記事を読む

ロンドンの公園で優雅なピクニック!

美しい公園で優雅なピクニック 大都会でありながら豊かな自然とうまく調和して発展してきたロンドン。地

記事を読む

ロンドンの流れる歴史 River Thames(テムズ川)

【ロンドンの流れる歴史 River Thames(テムズ川)】イギリス人の歴史に深く関わ

記事を読む

意外と知られていないBig Ben(ビッグベン)が傾き続けている事実

 (トリップアドバイザー提供)【Big Ben(ビッグベン)は少しづつ傾いている】 ロンド

記事を読む

ロンドン観光スポットの効率的な回り方

【ロンドンの主な観光地】 ピカデリーサーカス Piccadilly Circus ロンドンの歓楽

記事を読む

  • 作者:Fluffy(フラッフィ)
    海外歴20年 ロンドン→フランス
    →カナダ→再びロンドンで活動中。
    初めての人にも分かり易いサイトを
    目指していきます。


PAGE TOP ↑